肝臓の機能と働き

イメージ

誰でも「肝心(腎)要」という言葉を使ったことはあると思います。

現在では、「肝心」と書きますが、本来は「肝腎」だったとか。

意味は同じで、どちらも人体にとって大事な部分であることが語源だそうです。

この言葉にもある通り、肝臓は人体にとって非常に重要な臓器の一つです。

「人体の化学工場」と呼ばれるこの臓器は、非常に多機能で、その働きは500以上もあると言われています。

そのため、人工臓器の実用化が難しい臓器でもあります。

中でも主要な機能としては、

代謝
解毒
消化
体温の維持・調節
エネルギーの貯蔵

などがあります。

これだけでも、肝臓がどれほど人体にとって大切か解りますね。

病気の予防・早期発見

もう一つ、肝臓はその再生能力の高さから「沈黙の臓器」とも呼ばれています。

その再生能力は、半分を切り取ったとしても、数か月後には元の大きさに戻り、機能が回復するほどです。

そのため、損傷が症状に表れにくく、自覚症状が現れるころには、重い病気が進行しているということにもなりかねません。

肝臓の病気には、

脂肪肝(肝臓に脂肪が蓄積)
肝炎(ウイルスやアルコール、薬剤などが原因)
肝硬変(肝臓が硬くなり、機能が低下)

などがあります。

病気や肝障害が進行し、肝臓が自己再生が出来なくなった場合には、肝移植が行われることもあります。

そうならないためには、日頃から肝臓を疲れさせないよう、気を付けておくことが何より大切になります。

自覚症状が無くても、生活習慣(喫煙・飲酒・食生活など)の見直しや、定期的に健康診断を受けるなどをしましょう。

そうすることで、肝臓の病気の予防・異常の早期発見につながります。

当サイトでは、肝臓の情報をはじめ、口コミで人気の肝臓サプリメントの情報などを掲載していく予定です。

オススメ商品

上へ戻る トップへ